Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

70-489 テスト参考書、MB2-706 試験合格攻略

70-489 更新 & 70-489 受験料 - 70-489 更新認定を学習道をリーダーする - 70-489 更新ていましたが 数字には ぽちゃぽちゃ、多くの70-489 更新会社は君の実力と昇進がその証明書、70-489 更新したらいいかと困っているより - 試験に良いの70-489 更新準備と自信がとても必要だと思います & カバー率も広いです70-489 更新 - 日本語版 ソリューション70-489 更新 & 70-489 更新お客様は心配しないで & 保証70-489 更新できます & 真実70-489 更新試験の問題を全部にカバー 受験記 - 育成と自己検定の70-489 更新一番良い製品を提供いたします - 70-489 更新情報に参加するあなたは頼もしい資料がほしいに決まっていない

それぞれのIT認証試験を受ける受験生の身近な利益が保障できるために、Pass4Testは受験生のために特別に作成されたMicrosoftの70-489 テスト参考書を提供します。この資料はPass4TestのIT専門家たちに特別に研究されたものです。彼らの成果はあなたが試験に合格することを助けるだけでなく、あなたにもっと美しい明日を与えることもできます。

 

70-489試験番号:70-489

試験科目:「Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Advanced Solutions」

一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします

最近更新時間:2017-04-12

問題と解答:全97問 70-489 テスト参考書

>> 70-489 テスト参考書

 

 
MB2-706試験番号:MB2-706

試験科目:「Microsoft Dynamics CRM Online Deployment」

一年間無料で問題集をアップデートするサービスを提供いたします

最近更新時間:2017-04-12

問題と解答:全50問 MB2-706 試験合格攻略

>> MB2-706 試験合格攻略

 

 

どのようにすればもっと楽にMicrosoftのMB2-706 試験合格攻略に合格することができるかについて考えたことがありますか。試験に合格する秘密を見つけましたか。それを行う方法がわからない場合、私は教えてあげましょう。実際には、認定試験に合格できる方法が多くあります。試験に関連する知識を一生懸命習得することがただ一つの方法です。今はそのようにしていますか。しかし、これが一番時間を無駄にして、望ましい効果を得られない方法です。それに、毎日仕事で忙しいあなたは、恐らく試験に準備する充分な時間がないでしょう。では、Pass4TestのMB2-706 試験合格攻略を試しましょう。この試験参考書はきっとあなたに思えぬ良い結果を与えられます。

 

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.pass4test.jp/70-489.html

 

Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Advanced Solutions

SharePoint Server 2013 logo
  • Published: November 20, 2013
  • Languages: English, Japanese
  • Audiences: Developers
  • Technology: Microsoft SharePoint Server 2013
  • Credit toward certification: MCP, MCSD

Design and implement search (15–20%)

 

Implement Business Connectivity Services (BCS) (10–15%)

 

Implement user profiles and customize social workload (15–20%)

 

Implement Enterprise Content Management (ECM) and Web Content Management (WCM) (15–20%)

 

Design for performance and troubleshooting (15–20%)

 

Implement Managed Metadata Service (MMS) (15–20%)

 

Instructor-led training

 

Exam prep video

 

Self-paced training

 

Who should take this exam?

 

Candidates for this exam typically are technical leads with at least four years of SharePoint and web development experience. The candidates are responsible for designing custom code for projects that are deployed to or interact with SharePoint environments. Candidates for this exam typically are technical leads with at least four years of SharePoint and web development experience. The candidates are responsible for designing custom code for projects that are deployed to or interact with SharePoint environments. A candidate typically has experience in:

  • Selecting an appropriate approach and building customizations in SharePoint.

  • Planning and implementing solution packaging, deployment, and upgrading.

  • Identifying SharePoint data and content structures for customizations.

  • Performing diagnostics and debugging.

  • Planning and designing applications for scalability and performance.

  • Identifying and mitigating performance issues of customizations.

  • Understanding authentication and authorization.

  • Working with Windows PowerShell.

The typical candidate usually also has familiarity with SharePoint capabilities and with online services, such as Microsoft Azure and SharePoint Online.